太陽光発電まるわかりガイド

太陽光発電について詳しく知る

3年ほど前に、太陽光発電のメーカーが堺市に大きな工場を作りました。
私はその時、堺は未来の環境都市になりえると思いました。null
このメーカーは堺の太陽光発電の工場に、ある意味では社運を賭けた戦略に出たのだと思います。
原子力発電が東北の震災で、何かと問題があるように言われていますので、やはり原子力発電には、慎重にならざるを得ないのではと思います。
そのような時に頼れるのは、化石燃料をたくさん必要とする火力発電でもなければ、相当な風を必要とする風力発電でもないと思います。
今の段階では、どんな方法もそれなりに長所と短所があるわけですから、そのような状況のなかでは、太陽光発電が、1番の主力になる可能性があるのではと思っています。
そうなると堺市のあの工場は、やはり大きな力になると思います。
そして堺市そのものが太陽光発電の、ベース基地になりうるのではないでしょうか。
確かにそのようになるためには、いくつかの課題を解決する必要があります。
たとえば、太陽光発電で出来た電力の買い入れ価格を、政府の政策として、どうするのかとか、海外の太陽光パネルより、日本の価格が高額であるのを、どのように回避するのかなどの課題です。
そのためには政府と、民間の企業の役割分担をどうするのかなどです。
このような課題に対して、官民共同で解決できる体制ができた時に初めて、堺が日本の太陽光発電のベース基地になると思われます。
地球環境問題の解決の為にも、ぜひ早くこのような体制つくりに、手を付けてもらいたいものです。