太陽光発電まるわかりガイド

太陽光発電について詳しく知る

太陽光発電に必要な設備

街でもよく見かけるようになった太陽光パネルですが、太陽光発電を始めるためには太陽光パネルだけでは発電することはできません。
他にもたくさんの設備が必要になります。
たとえば、パワーコンディショナ、屋内分電盤、電力量計などです。
それから売電・買電モニターや電力モニターも必要でしょう。
他にも、開閉器やケーブルなどもケースによって必要になる場合があります。
これらは太陽光パネルとセットになっていることもあれば、別売りやオプションということになっていることもあるので注意が必要です。
太陽光パネルの価格だけで考えていたのに、他にもオプションや別売りの設備があれば計算がかなり違ってくるでしょう。
ですから、太陽光発電を始めようと思ったなら、太陽光パネルの価格だけではなく、トータルでいくらくらいの費用がかかるのかをしっかり検討することをおすすめします。
そうでないと、途中で計算違いが出てきて、こんなはずではなかったと思うこともあるのではないでしょうか。
きっと施行会社や販売会社の人が教えてくれるとは思いますが、もし教えてもらえなかった時はちゃんと自分で聞いてみることをおすすめします。
トータルでかかる費用がわからなければ、返済計画やもともと設置するかどうかの判断も違ってくるでしょう。
太陽光発電を導入するのなら、どれくらいの費用がかかるのか設備も込みでトータルで考えなければなりません。
それと、太陽光パネルの寿命は20年以上とも言われていますが、パワーコンディショナ、屋内分電盤、電力量計などの寿命はもっと短くなります。
パワーコンディショナなどはだいたい10年ほどで寿命が来ますから、設備の寿命が来た時に交換できるだけの余力がなければなりません。
太陽光発電の導入を考えるときは、そういったこともちゃんと計画しておくことをおすすめします。
太陽光パネルはメンテナンスフリーと言われていますが、設備はフリーのうちには入っていませんから注意が必要です。

get( 'keyword', 1 ) ?>
get( 'comment', 1 ) ?>